ビジネスフォンの選び方 メーカーで選ぶ
メーカーの違いは機能や拡張性・デザインの主に3つだ!

メーカーの違いを知ることも大事な選び方のポイント

ビジネスホンやオフィスの電話機と言えば…「NTT」と言う方が多くいます。理由として一般的に昔から「電話=NTT」と言う印象があるからかもしれません。しかし、ビジネスフォンメーカーはNTT以外にも「NEC」や「岩通」「パナソニック」「サクサ」「ナカヨ」「日立」「OKI」など、メーカーは様々です。基本ビジネスフォンの標準機能は変わりませんが、各メーカー毎に機能や拡張性・デザインなどの特徴があります。
メーカーの違いを知った上で、ご希望の使い方やスタイルに合わせたビジネスフォン選びも大切なポイントになります。

NTT

接続台数1台~400台以上!
小規模から大規模企業まで幅広く対応!

優れた拡張性を持ち、小規模から大規模企業まで幅広く支持を得ているNTTのビジネスフォン。拡張性のみならず、転送電話や留守番電話などの標準機能からコスト削減・効率化が可能な機能まで様々なシーンに対応しています。初めてのビジネスフォンを導入される方でも、とても使いやすい機種ばかりです。

左からαRX2、αGX、αNX2、αNX、BX2

ココがポイント!どの機種も拡張性に優れ、機能も充実!

NEC

NECのAspire(アスパイア) Xはコールセンターに必要な機能を兼ね揃え!

音声ガイダンスによる着信の振り分けができる「IVR」や着信をオペレーターに均等に分配する「ACD機能」など、コールセンター構築に必要な機能を備えているNECのAspire Xをはじめ、増設が容易で機能も豊富なビジネスフォンが揃っています。オフィスに合わせたシャープなデザインも人気で、小規模から大規模オフィスまで幅広く導入されています。

左からAspire Dterm85、Aspire X、Aspire UX

ココがポイント!コールセンター構築に最適な機能充実!

IWATSU(岩通)

オフィス規模や多様なニーズに対応!エコモード搭載でコスト削減が可能なものも!

機能性・操作性に定評があり、小規模・中規模の企業から大変定評のある岩通のビジネスフォン。会社規模・利用用途によって選べるレバンシオ(LEVANCIO)シリーズは、省エネ設計かつエコモード搭載で待機応答中も大幅に電力を削減します。会社にも地球にも優しいだけでなく、ビジネススタイルにマッチする機能も多く備えています。

左からTELEMORE EX、PRECOT-NEXT、Acteto2、TELMAGE、LEVANCIO

ココがポイント!豊富なデザイン性に省エネでエコ対応!

Panasonic(パナソニック)

写真はLA・Relier

コスト削減・業務効率アップ・セキュリティ。ビジネスを変える3つの要素がここに!

パナソニックを代表するビジネスフォン「ラ・ルリエ」。携帯電話の通話料が定額になる「FMCサービス」や外出先から会社経由で発着信ができる「バーチャルオフィス着信」、ビジネスフォンのキー操作でドアを解錠できる機能など、コスト削減・業務効率・セキュリティに役立つ機能を搭載しています。外出先が多い営業マンが多い会社にオススメのメーカーです。

ココがポイント!転送機能など営業マンが多い会社に人気!

saxa(サクサ)

どんなオフィスにも合わせやすいデザインと使いやすさが魅力。

ビジネスホンメーカーのsaxaはIPソリューションを形成する高機能なものからセキュリティ搭載のものまで様々なビジネスフォンがあります。そんな機能性も然ることながら、使い勝手や見易さなどのユーザーを考慮したデザイン性はどんなオフィスにも合わせることができます。小規模から中規模企業に人気のメーカーです。

左からRegalis UT700、Astral GT500 Pro、Agrea HM700、Agrea LT900、PLATIA

ココがポイント!高機能なのに使いやすい!どんな企業にも!

NAKAYO(ナカヨ)

写真はNYC-iF

電話以外にもナースコールとしての役割も果たすマルチ機能なナカヨのビジネスフォン。

NAKAYOのビジネスフォン「NYC-iF」はナースコールやコードレス、事務用電話機が一体化。高機能なのに低コストでの導入が可能で介護施設や宿泊施設など幅広い業種に大変好評です。その他簡単な操作性とシンプルでモダンなデザインも人気の一つです。

ココがポイント!多彩な機能でコスト削減!業務効率化!

日立(HITACHI)

効率の良いコミュニケーションを実現!どんなシーンにも応える日立のビジネスホン。

ビジネスフォンとスマートフォンの連動システムや「簡易IVR」など豊富な機能を搭載。さまざまな状況にも柔軟に対応します。ディスプレイの見やすさ・使いやすさを追求したシンプルなデザインで、通話の快適さを実現しています。接続台数によって主装置が選べるため、より高い拡張が可能で大規模企業の導入も多いメーカーです。

左からIntegral-A、Integral-E、Integral-F

ココがポイント!接続台数を考えた幅広い拡張性!

OKI

写真はCrosCore

インターネットやIP電話、セキュリティ機能まで備えた万能ビジネスフォン。

OKIのCrosCoreはそれぞれの業種に合ったワークスタイルに対応。モバイル端末やソフトフォン、IP音声会議ホン、IPドアホンなど多彩な収容ができます。不審者の侵入を防ぐ機能や緊急地震速報などセキュリティも万全。安心して業務に専念できる環境構築も可能です。

ココがポイント!多くのコミュニケーション端末が決め手!

業者選定の悩みをズバッと解決!ビジネスホンを一括お見積もり!

なるべく複数の業者からビジネスフォンを比較しましょう!

ビジネスフォン選びを失敗しないために、導入前のポイントやどのような選び方があるのかご理解頂けたかと思います。「ただ安ければ良い」という方はたくさんいらっしゃいますが、今後のオフィスの拡張も含め、事前のチェックを怠ると「ビジネスフォンが使えなかった」などというトラブルにもなりかねません。
安さだけで比較をするのではなく、複数の業者からサービス内容等さまざまな角度で比較しましょう。
ビジネスフォン比較KINGは安心・信頼のある多くの業者から最大10社のお見積もりが可能です!

事前チェックOK!安さだけ求めてもダメなのね ビジフォンひかキングならビジネスフォン業者へ無料で一括見積・最大10社

ページTOP