ビジネスフォンの選び方 中古・新品で選ぶ
  • 価格の安さか?中古ビジネスフォン
  • 機能・拡張性か?新品ビジネスフォン

ビジネスフォン 中古と新品の違い

「ビジネスホンは新品と中古でどう違うのか?どちらが良いのか?」で悩まれる方はたくさんいます。その違いを簡潔に言い表すと「価格の安さ」か「機能・拡張性」かです。標準機能は中古と新品どちらも変わりません。
ビジネスフォン市場は中古が大半を占めており、「普通に通話ができれば良いし、初期費用をなるべく掛けたくない」という理由から、導入される方のほとんどがその破格の安さで中古を選びます。新品を選ぶ方は会社の未来を考え、「自社に合った機能」や「事業拡大に伴う増員を視野に入れた拡張性」を重視される方が多いようです。
その他、保証や寿命など中古と新品の違いはあります。他にどのようなものがあるのか見てましょう。

中古ビジネスフォンと新品ビジネスフォンの比較
業者選定の悩みをズバッと解決!ビジネスホンを一括お見積もり!

中古ビジネスフォンのメリット・デメリット

中古ビジネスフォンの最大のメリットは導入費用が新品に比べると格安であるということです。その他、購入した業者による保証が付いてきますが、メーカー保証に比べると保証内容が大きく変わってきます。初期費用を抑えたい方にはおすすめですが、中古だけにリスクも多いことを理解しておきましょう。
各業者でクリーニングを行った場合でも、傷みや汚れが目立ち、見た目は決して綺麗な状態とは言えないものもあります。故障や増設時に必要なユニットや入れ替えの部品が生産終了でない場合も多く、その場合は機種自体を買い換えることも検討しなければなりません。

メリット

  1. 新品に比べると導入費用が格安

    新品よりも50~90%ほどの安い価格で導入できます。機能重視よりも導入費用を抑えたい方におすすめです。

  2. 業者(販売店)保証

    メーカー保証ではありませんが、購入した業者の保証が付いてきます。※業者によって保証年数が異なります。

通話ができるだけで、安く導入したい!そんな方におすすめ!
ビジネスフォン比較KINGなら、「とにかく安く導入したい!」そんな方のために、最大10社からのお見積もりが可能です。最安のビジネスフォンがきっと見つかります!

デメリット

  1. 使用頻度により傷みや汚れがある

    基本クリーニングをかけてありますが、使用頻度により痛みや汚れが目立つ場合があります。

  2. 拡張性が低く、ユニットの入手が困難

    年式によっては拡張性が低く、ビジネスフォンの主装置に必要な拡張ユニットの入手が難しくなります。

  3. 故障の割合が高い

    新品に比べると年式も古く、使用頻度も多いため故障の割合が高くなります。また故障の際に必要な部品が生産中になっている場合もあります。

  4. 停電などで設定情報が失われる場合がある

    年数の古いものは電池式が多く、停電などでビジネスホンの設定情報が失われる可能性があります。

業者選定の悩みをズバッと解決!ビジネスホンを一括お見積もり!

新品ビジネスフォンのメリット・デメリット

新品ビジネスフォンのメリットはその優れた機能性にあります。「営業マンの多い会社」や「コールセンター」、「とにかくコストを削減したい方」など、業種や事業の幅広いニーズに新品ならではの最新機能が活躍します。また、拡張性も高く「会社の将来を考え、事業拡大時に増設を容易にしたい方」など将来を見据えている企業様にもオススメです。寿命も長く、耐久性があり故障しづらい点もメリットと言えます。万が一故障した場合でもメーカー保証が付いてくるので安心してお使いいただけます。
ただ、一括で購入するには台数によってかなり高額な導入費用が掛かってしまいます。初期導入費用を掛けたくない方はリースも可能で、安く済ませることができます。

メリット

  1. 最新機能搭載で様々なニーズに対応

    新品ビジネスフォンには「リモートコールバック」や「通話モニター」など幅広い業種や事業に見合った質の高い機能が搭載されています。>> 機能について詳しくはこちら

  2. 安心のメーカー保証

    新品は基本、メーカー1年保証が付いてきますので何かしら機器のトラブルがあっても安心です。※メーカーにより異なる場合がございます。

  3. 見た目も綺麗でデザインも豊富

    新品だけに当然ながら見た目は綺麗です。さらにデザインも豊富で、オフィスの空間に合ったビジネスフォンがきっと見つかります。

  4. 拡張性が高く将来的も長く使える

    拡張性が高く、将来的に事業拡大や増員なども考慮したオフィス環境作りが可能です。SOHOから大企業まで広く導入されています。

  5. 耐久性があり長寿命

    メーカー保証ではありませんが、購入した業者の保証が付いてきます。※業者によって保証年数が異なります。

  6. リース契約が可能で導入費用を抑えられる

    導入費用がなく一括購入が難しい方はリースが可能です。初期費用をかなり安く抑えられることができます。>> リースについて詳しくはこちら

デメリット

  1. 購入の場合 初期導入費用が割高

    新品ビジネスホンを購入するとなると数台で何十万という金額になり、初期導入費用が割高となります。

  2. リースの場合 途中解約不可

    初期の導入費用は抑えられますが、途中解約が出来ず、出来ても解約違約金が発生する場合があります。

将来性を考えてできるだけ長く幅広い使い方をしたい方におすすめ
新品は価格が高くなりますが、中古よりも新品ならではのメリットがたくさんあります。ビジネスフォン比較KINGなら、最新機能を備えた新品ビジネスフォンを取り扱う業者と多数提携しています。最大10社からのお見積もりが可能です。ご利用目的に合ったビジネスフォンがきっと見つかります!
業者選定の悩みをズバッと解決!ビジネスホンを一括お見積もり!

なるべく複数の業者からビジネスフォンを比較しましょう!

ビジネスフォン選びを失敗しないために、導入前のポイントやどのような選び方があるのかご理解頂けたかと思います。「ただ安ければ良い」という方はたくさんいらっしゃいますが、今後のオフィスの拡張も含め、事前のチェックを怠ると「ビジネスフォンが使えなかった」などというトラブルにもなりかねません。
安さだけで比較をするのではなく、複数の業者からサービス内容等さまざまな角度で比較しましょう。
ビジネスフォン比較KINGは安心・信頼のある多くの業者から最大10社のお見積もりが可能です!

事前チェックOK!安さだけ求めてもダメなのね ビジフォンひかキングならビジネスフォン業者へ無料で一括見積・最大10社

ページTOP