ビジネスフォンの導入方法 導入方法は基本3通り!それぞれのメリット・デメリットを把握して最適な導入方法を検討しよう!
  1. 1.中古購入…基本機能「保留」「転送機能」などは新品と変わらず価格が割安!
  2. 2.新品リース…初期導入費用を抑えて最新機能搭載のビジネスフォンが導入できる!
  3. 3.レンタル…選挙事務所など短期間で利用でき、事務負担なくコスト管理が簡単。

ビジネスフォンの導入方法 徹底比較

ビジネスホンには基本「中古購入」「新品リース」「レンタル」の3つの導入方法があります。各導入方法にも特徴があり、メリット・デメリットが存在します。例えば「中古購入」の場合、多少傷や汚れがあったとしても安価で導入ができ、基本機能は新品とほぼ変わりません。しかし、型や年式によっては故障した際などメーカーにパーツや部品がない場合もあります。導入の際はメリット・デメリットをしっかり把握し、御社のご利用用途に合ったビジネスフォンの導入方法を選びましょう。

中古購入

中古購入のメリット・デメリット
メリット
購入価格がとにかく安い!
基本機能は充分!使い勝手問題なし!
保証付き!※業者により内容や期間が変わります
デメリット
多少の傷・汚れがある場合も!
新品に比べると故障し易い!
型や年式によってはパーツが既にメーカーに存在しない場合も!

ビジネスホンの中古購入は何と言っても圧倒的な価格の安さにあります。新品と比べると拡張性に劣るものの標準機能は変わらず使い勝手は良い物ばかりです。中古のイメージとして故障や傷・汚れなどを連想しますが、多くの業者は一台一台しっかりと点検をしクリーニングをかけているため、新品同様の状態でビジネスフォンを導入することができます。

新品リース

新品リースのメリット・デメリット
メリット
初期導入費用が削減できる!
経費計上できる!
最新機能搭載でデザイン豊富!
デメリット
途中解約ができない(違約金が発生する)
一括で購入するより割高
借り物なので返却する必要がある

新品リースとは、リース会社にリース料を毎月払い、新品のビジネスフォンを借りる契約のことを言います。初期導入時の費用を削減できることやリース料は全額経費で計上できることなどのメリットもありますが、新品ビジネスフォンはあくまでも借り物であるため、リース会社に返却する必要があります。

レンタル

レンタルのメリット・デメリット
メリット
必要時だけでも短期利用もできる
審査不要で解約時の違約金なし
事務負担なくコスト管理ができる
デメリット
長期利用はリースより割高
機種は中古が多い
 

ビジネスフォンを1日~数ヶ月間の短期で利用したい場合はレンタルがおすすめです。工事現場の仮設事務所や選挙事務所など期間が決まっているのであれば、長期リースに比べコスト的にも大変おトクです。また、面倒な減価償却費・固定資産税などの税務面の負担がなくコスト管理ができます。

業者選定の悩みをズバッと解決!ビジネスホンを一括お見積もり!

導入方法で、最大10社の無料見積もり比較が可能!

ビジネスフォンKINGでは、中古購入・新品リース・レンタルのビジネスホンの導入方法から一括見積もりも可能です。例えば、中古購入で一括見積もりしたい方は、一括見積もりフォームの項目「導入形態」から「中古購入にチェック」をし、他必須項目も入力の上、確認・送信完了の順に進んでください。

とにかく安い 中古購入で一括見積り!
業者選定の悩みをズバッと解決!ビジネスホンを一括お見積もり!

ページTOP