複合機・コピー機の導入、契約方法は「リース」「レンタル」「中古購入」基本3通り!複合機の導入・契約方法
  1. 契約方法 その1.リース…初期費用を抑えることができ、かつ、最新機種が導入できる。
  2. 契約方法 その2.レンタル…審査がなく、イベント時など1日からの短期利用ができる。
  3. 契約方法 その3.中古購入…まとまった初期の導入費用は掛かるが、長期で利用を考えると割安。

複合機の各契約方法もメリット・デメリットは様々!

コピー機・複合機の導入・契約方法はリース・レンタル・中古購入の基本3通りしかありません。契約方法もメリット・デメリット様々で、お客様のご利用ニーズによって最適な導入の仕方を見極めることが大切です。
複合機比較KINGでは、そんなお客様のご利用ニーズに合わせた導入・契約方法で、最大10社の無料見積もり比較が可能です!

リース契約

リース契約のメリット・デメリット…初期費用削減・最新機種が使える
メリット
初期導入費用削減できる
リース料金は経費で計上できる
最新機種導入できる
デメリット
途中解約ができない
(違約金が発生する)
所有権はリース会社
支払い総額は割高

複合機のリース契約の最大のメリットは初期の導入費用が大幅に削減できることにあります。購入資金を調達するよりも手間も掛からず、その分の資金を他の事業で運用する事ができます。新規で会社を立ち上げるお客様の多くはリースでご契約されます。

レンタル契約

レンタル契約のメリット・デメリット…1日からの短期利用も!
メリット
必要な時だけでも短期利用もできる
審査不要で解約時の違約金なし
デメリット
ランニングコストが割高
機種が中古で型落ち

複合機のレンタル契約は1日から必要なときだけの短期利用が出来ることが最大のメリットです。オフィスの新設以外にもセミナーやイベント会場、選挙事務所など様々なビジネスシーンでご利用されています。長期的に利用する場合は、レンタルよりもリースがおトクになります。

中古購入

中古購入のメリット・デメリット…長期利用なら安いけどメーカー保守が…
メリット
長期利用を考えると割安
会社の所有物になる
デメリット
初期導入費用が割高
機種が中古で型落ち

複合機の中古購入は、初期の導入費用は掛かるものの長く利用することを考えると割安ですが、機種が中古でメーカー保守がついていないことや、10万円以上だと固定資産に関わる減価償却の手続きなどが必要となります。また、会社の所有物となるため、処分の費用等は自己負担になります。

複合機 ひかキングが業者選定の悩みをズバッと解決!複合機・コピー機を一括お見積もり!

導入・契約方法で、最大10社の無料見積もり比較が可能!

複合機比較KINGでは、リース・レンタル・中古購入の複合機の導入・契約方法から一括見積もりも可能です。例えば、リースで一括見積もりしたい方は、一括見積もりフォームの項目「導入形態」から「リース契約」にチェックをし、他必須項目も入力の上、確認・送信完了の順に進んでください。

初期費用も抑えられるしリースで一括見積り
複合機 ひかキングが業者選定の悩みをズバッと解決!複合機・コピー機を一括お見積もり!

ページTOP